TEL 0858-27-01120858-27-0112

お問い合わせお問い合わせ

家づくりに適した土地の選び方

理想的な間取り、希望通りのプランを反映しようと思えば、土地選びは慎重に行わなければなりません。土地形状に目を奪われるあまり、生活利便性や日当たりのよさといった他の要素を度外視してしまうと必ず後悔します。簡単なようでいて土地選びはなかなか一筋縄ではいかない、ということです。そこで、ここでは不動産のプロでもある「R+house倉吉・鳥取」が、家づくりに際してどうすれば土地選びで失敗しないかについてお話しします。

“よい土地”ってどんな土地?

“よい土地”ってどんな土地?

一般に住まいづくりによい土地と呼ばれるのは、東西に長い「長方形」の土地。変形地や狭小地は敬遠される傾向があります。これは、住宅を建てることを考えれば当然かもしれません。また、道路から見て間口の広い土地も、広い部屋や廊下を作りやすいと言われています。

道路が南に面している土地は、日当たりのよい部屋がプランできることもあって人気。逆に、北側の場合、日当たりは期待できませんが、プライバシー保護の点では有利とされています。理想は二方向が道路に面した角地で、土地評価が高くなります。

でも、これは一般論。実際は、人によってよい土地かどうかの評価はわかれます。広い土地を好む人もいれば、広さより庭からの眺めが優先するという方もいるからです。また、土地そのものよりも周辺環境や利便性などロケーションにこだわる方も少なくないはず。

こうしてみると、土地選びはなかなか一筋縄ではいきそうにもありませんが、迷ったらプロの意見を聞くのも一つの手です。運営会社が不動産事業を展開している「R+house倉吉・鳥取」なら、家づくりだけでなく、土地探しでも皆様に適切なアドバイスが可能です。

土地選びの前に確認しておきたいこと

土地選びの前に確認しておきたいこと

土地だけに着目しても土地選びはできません。建てる方の希望や予算配分、何を重視するかといった視点も重要です。事前によく検討しておきましょう。

  • どんな家を建てるのか、広さ、間取りは決まっているか
  • 駐車スペースは何台分必要か
  • 土地購入のためにどの程度の予算を充てられるか
  • 利便性優先か、環境優先か
  • 子どもはどの学校に通わせたいか
  • 家づくり全体の総費用は明らかか
  • ローン借り入れのタイミングはいつか
  • 総予算からして土地購入に充てる金額は妥当か

土地選びのコツ1 将来を見据えた土地選び

土地選びのコツ1 将来を見据えた土地選び

マイホーム購入時には確かに理想的な土地を手当てしたと思っても、10年、20年後はわかりません。なぜなら、そこに住むご家族の生活スタイルが歳月や年齢とともに変化するからです。たとえば、新築時は小学生のお子さんも10年経てば成人です。すでに大学へ進学したり、就職したりして家を出ているかもしれません。せっかく、通学に便利なロケーションを選んでも、その恩恵に与れるのは最初の何年かといったところでしょう。

やがてご夫婦が老後を迎える頃には、多少は不便でものんびり暮らせる郊外や田舎がよく思われてくるかもしれません。逆に、当初は子育て優先で環境のよい土地に家を建てても、足腰が弱くなってくると徒歩で用が足せる都心部で暮らしたくなることも十分にあり得ます。

このように考えると、土地選びはますます悩ましくなるばかり。ただ言えることは、すべての条件を満たす土地は存在しないということ。だからこそ、どこで手を打つか、妥協するかを見極めることが肝心です。

土地選びのコツ2 プロの視点で土地選びをサポート

土地選びのコツ2 プロの視点で土地選びをサポート

家を建てることは決まっているものの、まだ土地が入手できていないという方は意外に多いかもしれません。確かに、地元の不動産情報をあたっても、知識がなければ土地の素性を見極めることは至難の業でしょう、また、街の不動産会社を1軒1軒回るのも骨の折れる話です。

そこで、こういう時こそプロを頼ってみてもよいのではないでしょうか。「R+house倉吉・鳥取」におまかせいただければ、お客様の負担は一気に解消します。「R+house倉吉・鳥取」では不動産事業を展開する運営会社と連携をとっています。地元の物件事情に精通しているだけでなく、家を建てるプロの視点で土地を吟味できるのでとても信頼できます。

しかも、情報だけに頼らず、ここはと思った土地を見つければすぐに現地を調査して、的確な判断を下します。もちろん、お客様のご要望をヒアリングしているので、土地のマッチングも確かです。

土地を最大限に活かした設計が可能な「R+house倉吉・鳥取

前段で、変形地や狭小地といった不整形な土地は、家を建てるのに適さないというお話をしました。ところが、同じ“不適格”な土地であっても、意に介さないプロがいます。それが、アトリエ建築家と呼ばれる人々。アトリエ建築家とはハウスメーカーや工務店に属さずに、独立して建築事務所を構えているエリートアーキテクチャーのことです。

一戸建て、ビル、マンション、公共施設を問わず、作品と呼べるような建物をいくつも設計している彼らは、その豊富な経験と柔軟な発想力でどんな不利な条件の土地の上にも自在にプランを落とし込むことができます。つまり、土地の狭さ、いびつさを逆手に取って、むしろ上質な住空間をつくり出せるということ。

そんなアトリエ建築家が参加して、家づくりの新たなムーブメントを生み出しているのが「R+house」(アールプラスハウス)というビジネスモデルです。「R+house倉吉・鳥取」は、その加盟工務店として地元倉吉市・鳥取市の皆様に<アトリエ建築家と建てる家>をご提案しています。

詳しくはこちら

家づくりの疑問や不安を一気に解消!

勉強会・完成見学会にGO!

お金のことが気がかりで……
土地はどうやって探したらいいの?
こんなプラン、本当にできる?

家づくりは誰にとっても一生にそう何度とない大仕事。だから、誰もがマイホーム初心者です。わからないこと、不安なことがたくさんあったとしても当然ですね。

でも、何の予備知識もなく家づくりを始めてしまうと、後で「こうしておけばよかった」ということになりかねません。

とくにお金の問題はシビアです。住宅ローンの借り方、返し方についてしっかりとした知識がないと、最悪、何百万単位で損をしてしまうことも。

こんなことにならないようにするには、家づくりの基本を押さえておくこと。R+house倉吉・鳥取が主催する「勉強会」「完成見学会」に参加してみてください。

マイホームの建て方はもちろん、資金計画についても、その道のプロが直にアドバイスしてくれます。ぜひ、ふるってご参加ください。もちろん参加費用は無料です!