TEL 0858-27-01120858-27-0112

お問い合わせお問い合わせ

R+house倉吉・鳥取の家が誇る高性能

スタイリッシュな住宅デザインだけが「R+house」(アールプラスハウス)の魅力ではありません。施主様とそのご家族が末永く安心して暮していただけるよう、省エネ性や耐久性、耐震性など、住宅としての基本性能を徹底して磨き上げました。ここでは、「R+house倉吉・鳥取」がこだわり抜いた住宅性能についてお話しします。

快適な住まいを実現するための要素

快適な住まいを実現するための要素

「R+house倉吉・鳥取」が追求したのはスタイリッシュな住宅デザインだけではありません。暮らしの快適さ、安全、安心を支える3つの性能「省エネ性」「耐久性」「耐震性」にも徹底してこだわりました。

省エネ性

高気密化で大敵の“すきま風”をシャットアウト

高気密化で大敵の“すきま風”をシャットアウト

光熱費のうち冷暖房コストが占める割合が最も大きいことは言うまでもありません。言い換えればこの冷暖房コストを下げることができれば家計への負担も減り、地球環境への負荷も軽減できるということになります。

そこで、「R+house倉吉・鳥取」では、オリジナルの「R+パネル」や高性能の断熱サッシなどを採用することで優れた高気密・高断熱性能を確保。国の長期優良住宅基準はもちろん、2020年の新エネルギー基準を大きく上回る省エネ性能を達成しました。

省エネ住宅を簡単に言うと「冬は暖かく、夏は涼しい家」です。しかし、建物の気密性が低いと「すきま風」が発生し、盛夏や厳冬期では暑さ、寒さの影響をダイレクトに受けてしまい、エアコンの稼働率が上がって光熱費の上昇を招きます。

高気密住宅とは、まさにこのすきま風が少ない家のこと。なお、高気密の度合いは1㎡あたりどれだけのすき間があるかを示す「C値」で表され、国内の一般的な住宅では「5」(1㎡あたり5cm2)が目標値となっています。しかし、その1/10の「0.5以下」と、きわめて高い気密性を示しているのがR+houseの家。一般に高性能とされる家でも「1」(1㎡あたり1cm2)であることを考えると、その優秀さがおわかりいただけるでしょう。

高断熱化で熱が逃げない家に

高断熱化で熱が逃げない家に

高気密化と並んで、省エネ化に欠かせないもう一つの要素が高断熱化です。この断熱とは、家の中の熱を外に逃がさない働きのことで、その割合が大きな家を高断熱の家と言います。この断熱効果は、熱の逃げにくさを示す熱損失係数「Q 値」と外皮平均熱貫流率「UA値」で表され、どちらも数値が小さくなるほど高断熱ということになります。なお、長期優良住宅の例ではQ値は2.7、UA値は0.87ですが、R+houseの実測値ではQ値は2.0、UA値は0.50以下といずれもきわめて優秀な結果を残しています。

耐久性

「湿気」と「結露」から建物を守る「R+パネル」を採用

住宅の寿命を著しく縮める最大の原因は湿気。住居内の湿度が高いと壁体内などに結露が生じやすく柱や梁など家を支える構造躯体が腐ってしまうからです。強度を失った家は当然地震災害に弱くなり、倒壊などのリスクが高くなります。

「R+house倉吉・鳥取」ではこうしたリスクを排除するために、硬質ウレタンフォームを主原料とする断熱材「R+パネル」を採用しています。この硬質ウレタンフォームは素材自体が水分を透過しにくいため、室内に発生する水蒸気から躯体を保護し、建物の耐久性を維持します。なお、パネルを透過した水分は通気層から排出されるため構造躯体が湿気に晒されることがありません。

高耐震性

壁と床で支える「パネル工法」で巨大地震にも強い

「R+house倉吉・鳥取」の家は地震災害に強い構造をしています。一般的な在来軸組工法の家では、柱や梁だけで家全体を支える構造のため横揺れに弱い傾向がありますが、R+houseの家は、壁と床が一体となって全体を支えるパネル工法のため、従来にない高耐震性を実現しています。これにより家そのものの荷重に耐えるだけでなく、地震や台風などから受ける応力を効果的に分散し、倒壊を未然に防ぎます。

「R+house倉吉・鳥取」は壁と床が一体となったモノコック構造だからあらゆる方向からの力にも強い!

さらに「R+house倉吉・鳥取」では構造計算書付きの耐震等級3を標準採用していますので、安心です。

壁と床で支える「パネル工法」で巨大地震にも強い 壁と床で支える「パネル工法」で巨大地震にも強い 壁と床で支える「パネル工法」で巨大地震にも強い
構造専門の設計士が耐震性を厳しく検査

「R+house倉吉・鳥取」では、パネル工法の優れた耐震性能をより引き出すため、構造専門の設計士がすべての住宅について躯体強度を計算。各データがR+house基準を満たしているかを徹底してチェックしています。

地震の横揺れに強く、液状化にも強い地盤改良工法を標準採用

建物の強度を高めても、その土台となる地盤が脆弱では巨大地震の際に液状化や倒壊の危険に晒されます。とくに基礎直下の地層の境目があるとこれに沿って「せん断力」がかかり地盤は揺れに対して非常に弱くなります。しかし、鋼管やセメントの柱で家を支える従来の方法は、この弱点を克服できません。 そこで、「R+house倉吉・鳥取」では、地盤に孔(あな)を堀り、砕石を詰め込んで石柱を形成する地盤改良工法「HySPEED工法」を採用。砕石孔はせん断に対して追随するので孔自体の破損は起こらず、また地盤自体を強化するので、揺れによる共振をやわらげ、破壊を回避します。また、巨大地震による揺れでは地盤の液状化が懸念されますが、HySPEED工法の砕石杭は水を通すため、液状化を起こす水圧を軽減する効果があります。

家づくりの疑問や不安を一気に解消!

勉強会・完成見学会にGO!

お金のことが気がかりで……
土地はどうやって探したらいいの?
こんなプラン、本当にできる?

家づくりは誰にとっても一生にそう何度とない大仕事。だから、誰もがマイホーム初心者です。わからないこと、不安なことがたくさんあったとしても当然ですね。

でも、何の予備知識もなく家づくりを始めてしまうと、後で「こうしておけばよかった」ということになりかねません。

とくにお金の問題はシビアです。住宅ローンの借り方、返し方についてしっかりとした知識がないと、最悪、何百万単位で損をしてしまうことも。

こんなことにならないようにするには、家づくりの基本を押さえておくこと。R+house倉吉・鳥取が主催する「勉強会」「完成見学会」に参加してみてください。

マイホームの建て方はもちろん、資金計画についても、その道のプロが直にアドバイスしてくれます。ぜひ、ふるってご参加ください。もちろん参加費用は無料です!